お知らせ

 

●子宮頸がん検診と同時に検査することで、広い範囲(子宮頸部・ 子宮体部・卵巣・卵管など)で初期の病気を見つけやすくなります。 
●対象となる病気
 ◆子宮体部の病気…子宮体がん、子宮筋腫など。
 ◆卵巣の病気…卵巣がん、卵巣のう腫など。
●検査方法
 膣内に細いプローブを挿入し、超音波で検査します。
 ※痛みを感じる方は、経直腸(肛門)超音波検査法もあります。
※この検査は子宮頸がん検診と同時実施のオプション検査です。
近年、子宮がん(特に子宮体がん)や卵巣がんが増加傾向にあり、若い女性にも発見されるようになっています。
早期発見にこの検査の追加をお勧めします。
◇詳しくは下の「経腟超音波検査」からご覧ください。
日立メディカルセンターの新しい検診
 
経腟超音波検査 胃がんリスク検診

Copyright © 2013 Hitachi Medical Center. All Rights Reserved.